女性

セクキャバでキャストにタッチする時のルールとは

通常のキャバクラにプラスアルファのサービスとして、キスと上半身へのタッチを追加したお店のことをセクキャバなどと言います。地域によってはお触りパブやハッスルパブなどの名称が使われることもありますが、本質的には同じです。下半身へのタッチに関しては、太ももやヒップへ軽く触れる程度なら許容してくれるお店も多いですが、下着に触れるような行為は原則として禁止されています。セクキャバはキャバクラよりも、お店ごとのルールに細かい差が見られます。例えば、キャストへいつタッチしていいかということに関しても、様々なシステムがあるので注意しましょう。初めてそのお店に来た場合は、ボーイがルール説明をしてくれるのでミスをすることは少ないはずです。
大半のセクキャバは自分の接客についている女性には、ずっと触ることが可能です。しかし、ダウンタイムやサービスタイムが設けられている場合は、その時間にだけキャストにタッチすることが出来る仕組みになっています。セクキャバと言えば、女性がドレスを脱いだ状態で男性客の上にまたがっている光景が有名ですが、これがダウンタイムと呼ばれる時間帯です。ダウンタイムは1セットにつき、長くて10分ほど設けられています。

recommended news

article list

SITE MAP